top of page
  • 執筆者の写真オート パレス

車屋の代車管理をホワイトボードで行っているデメリット

車屋の代車スケジュール管理って皆さんは何で行っていますか?


当社は数年前まではホワイトボードを使って行っていました。


下の画像の様な感じですね。

この画像には見えないですが、

左端に代車名が書いてあって、

横軸はその代車を貸し出すお客様の日数を矢印で記載、その下に名前と車種名を記載。

縦軸は日付が上に書いてあって、1~31日になっている。



一見すごく分かりやすいのですが、

デメリットが多くありました。


デメリット①・・書き消しが非常に多く、記載するだけでも時間がかかる。


デメリット②・・31日までの記載なので、月が替わると同じお客様をまた1日から記載しないといけない。


デメリット③・・ホワイトボードの場所まで行かないと、その日の代車が空いているか分からない。


デメリット④・・1ヶ月以上後に入庫するお客様の代車予定を記載できない。


デメリット⑤・・お客様に「軽自動車の代車でお願いね!」と言われて、軽自動車を予約しておいたけど、それが分からず他のスタッフにいつの間にか代車を入れ替えられてします。


デメリット⑥・・履歴が残らないので、一度消してしまうと、誰に貸出ししていたか分からなくなる。落とし物など後で見つかって、連絡できない。


等、

パッと考え付くだけでも結構なデメリットがありました。


今思い返すと、よくこれで管理できていたなぁ。。。


と感心してしまいます(;^ω^)




正直これらのデメリットを直に感じていた車屋だからこそ、


代車スケジュール管理システム【daisukeくん】の機能を妥協せずに作れたんだと思います。


代車スケジュール管理システム【daisukeくん】のホームページはこちら↓



これを使えば上記のデメリットは一気に解消されます。


さらに言えば1日30分の時短に繋がる自信もあります。


それだけ代車のスケジュール管理って大変なんですよね。




だって、お客様から、

「ごめんなさい。ちょっと仕事が長引いちゃって、今日引取にいけないわ!」


とか急に言われても、明日からその代車を別のお客様に貸し出す予定だった時には、


明日来るお客様に別の代車を用意しなきゃいけない。


その日数が確保できる代車は・・・


とかパズルのように組み合わせないといかないのが、


代車のスケジュール管理です。



それも自動で行ってくれるのが、

です。



 

車屋さんの業務効率改善アドバイスを

ブログで発進しています。


煩雑になりがちな

代車のスケジュールをクラウドで管理しませんか?


車屋さんが現場の声をふんだんに入れて開発した


代車スケジュール管理システム【daisukeくん】公式HPはコチラ↓

https://www.daisukekun.com/



一日に30分の時短に繋がるシステムです。


現在ホワイトボードや紙で代車のスケジュールを管理されている方。


・書き消しの手間


・出先で代車が空いているか確認できないストレス


・予約の変更が上手くできずに、「代車が空いていない」とお客様に伝えてしまって機会損 失に繋がっている


・カーナビ付きが絶対のお客様なのに、勝手に代車を変更されている


・代車に忘れ物を見つけたけど、その前に誰に貸出ししていたか分からない


代車の管理って意外と大変なのを知っているからこそ開発したシステムです。


是非一度ご利用になってみてください。


全国の国産新車ディーラーさん、輸入車ディーラーさん、レンタカー屋さん、中古車販売店さん、整備工場さん、板金工場さんで絶賛ご利用中。


代車スケジュール管理システム【daisukeくん】HPはコチラ↓




閲覧数:183回0件のコメント
bottom of page